よく分かる慢性疾患の対策法

整形外科のカテゴリーでは、肩こり・腰痛などを「慢性疾患」と呼んでいます。

慢性疾患の対策として正しいのは?

  • 整骨院や整形外科を受診する
  • 整体院でマッサージを受ける
  • YouTubeを見ながら体操
  • ジムで筋トレをする
  • あまり気にしない

上記はすべて正解です!

情報サイトには怖いものも沢山載っているため、正しく判断できない方は見過ぎるとストレスでさらに悪化する場合もあるので注意が必要です。

YouTubeなども自身の症状にあっているか確信が持てない場合は実施しないでください。

なにが必要なのかを見極める

そのためには「あなたの症状」を知ることが大切です。

頭痛が悩みだったとして、それは病気でないと確信が持てますか?

脳の障害かもしれないし、目・耳・鼻などに原因があるかもしれません。
ストレスや肩こりだけが痛みのもとになるわけではないと知っていてください。

まずは、設備が整っていて知識を持っている医療機関への来院が重要になります。

整形外科では薬を処方してもらえます

近年では「頭痛外来」を設置している病院もありますので、そういった機関を受診してみるのも良いと思います。診断の結果としては、鎮痛用の湿布薬や頭痛薬を処方されることが多いです。

整骨院はなにをしてくれる?

整骨院には診断権はありませんが、あなたが「どんな状態になっていて、今なにが必要なのか」を知らせて、その指導をすることができます。

そして、施術という直接的なアプローチをすることにより、
来院したその日に「体調がよくなる」という結果を出すことができます。

痛いから痛み止めを処方する
固いから肩こりを揉む

という単純な理屈ではなく、
どの神経が痛みに関わっているのか、どの筋肉がそれに関わっているのか、どのように動かせているのか、リンパや血流は滞っていないかなどを観察して、適切な処置をします。

もちろん、すべての整骨院でそれが叶うわけではありません。

こんな整骨院もあるので注意しましょう

  • 保険診療で誘致だけして、高い自費診療
  • 回数券やプリペイドカードの購入をさせる
  • 来院のタイミングでいつも先生が違う
  • マニュアル化されたいつも同じ施術
  • ボキボキ鳴らして「矯正」といわれる
  • 健康食品やお茶などの購入を勧められる

残念ながら、あなたの不安でビジネスを進める治療院があるのも事実です。
ちなみに当院は上記のようなことは、一切ありません。ご安心ください。

好みもありますので選び方は自由ですが、一つの参考にしてください。

自分の症状が何かわかったら

慢性疾患である肩こり・腰痛は、生活環境や個人の体質にも関連が深いため、一度で治ってしまうようなことは、ほぼありません。

どうしたら楽に付き合っていけるのか、回復しやすくするためにはどのような工夫や努力が必要なのか、足りない知識を補うことでも対処しやすくなります。

すべてをセルフでやる必要はありませんが、人任せにできるものばかりでもありません。

家で腹筋をするとか、散歩を習慣にするとか、面倒だけどやらなくてはならないこと。
それをどうとらえて続けていくかの意味を知るだけでも、きっとあなたの治療は始まっていますよ。

お待ちしてますので、怖がらずに一歩を踏み出してみてください。